コーポレート・ガバナンス


コーポレート・ガバナンスの状況

当社は、当社の経営理念、企業行動憲章のもと、企業の持続的かつ安定的な成長による企業価値の向上を実現し、社会の繁栄に貢献していくことによって、社会的役割・使命を果たしていきたいと考えています。
コーポレート・ガバナンスは、当社が企業価値向上・社会的役割・使命を果たす上で、必要不可欠な仕組みであると考え、役員をはじめとした全従業員が、コーポレートガバナンス・コードの各原則を尊重し、その諸施策を実行することで、当社及び当社グループの健全な企業運営の実現をめざしています。


コーポレート・ガバナンスに関する報告書

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方及び当社における取締役会、経営会議、任意に設立した指名・報酬委員会などの役割、構成や運営方針等の企業統治システムの枠組みを「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」にて開示しています。


コーポレートガバナンス・コードに関する当社の取り組み

コーポレートガバナンス・コードの各原則に対する、当社の取り組み状況や取り組み方針を本書にて開示しています。


企業統治体制の概要

当社における企業統治システムに関する基本的な考え方は以下のとおりです。

1.監査役会設置会社 当社は監査役会設置会社とする。
2.取締役会・経営会議 当社取締役会は、経営の監督機能を強化するため、法令上取締役会による専決事項とされている事項以外の業務執行の決定の一部を取締役会から、本社取締役等で構成する「経営会議」に委任し、業務執行の協議を多面的に検討するとともに決定のスピードアップを図るものとする。
当社取締役会は、経営会議を業務執行機関として機能させることにより、経営の大きな戦略的方向付けと執行監督を中心に行い、当社の経営を戦略的かつ効率的に運営する。
3.社外取締役 当社社外取締役は2名以上とする。
4.指名・報酬委員会 任意の指名・報酬委員会制度を活用し、経営の意思決定プロセスの透明性・公正性・客観性と説明責任を強化する。
5.独立役員プラスワン会議 社外取締役と社外監査役に常勤監査役を加えた「独立役員プラスワン会議」を開催して、独立役員及び常勤監査役間の連携を確保し、情報共有を図る体制を整える。
6.執行役員制度 迅速かつ機動的な意思決定と明確な責任体制に基づく業務執行を実現する。
7.財務報告の信頼性を確保する内部統制体制を強化する。

業務の適正を確保するための体制

当社のコーポレート・ガバナンス体制の概要は、下記のとおりです。

コーポレート・ガバナンス体制図
IR情報
ご挨拶
IRニュース
コーポレート・ガバナンス
決算のご報告
財務ハイライト
IRライブラリー
株式情報
IRカレンダー
株価情報
IRお問い合わせ
免責事項
IRお問い合わせ

PAGE TOP